ほくろによっても種類は様々【治療法は炭酸ガスレーザー】

施術で完全除去しよう

顔に触れる女性

申込手順や内容を知ろう

顔のほくろがコンプレックスになり、充実した生活を送れないでいる方は多々いらっしゃいます。もしお困りであれば、人生をより楽しむためにも医療機関で除去することを考えてみましょう。ほくろ治療を行っている医療機関は様々ありますが、ここでおすすめしたいのは美容外科での除去施術です。施術跡を残すことなくきれいに取り去ってくれるので、利用を検討してみましょう。美容外科を初めて受診するとなると、大なり小なり緊張や不安が伴うものですが、施設側はそういった心理も加味した上で対応してくれます。どの施設を利用するにしても、カウンセリングが最初の入り口となるので、まずはカウンセリング予約を入れましょう。予約は、ホームページからオンラインで入れることができます。自身の氏名や連絡先など、基本情報を入力し、希望する日時や治療を選択することで完了でき負担にはなりません。オンライン上のセキュリティは確立されているので、個人情報の送信に不安を覚える必要もありません。治療の申込は、カウンセリングで詳細な説明を受けた後で進められます。そのまま治療の申込手続きに入ることもできますし、間を開けて検討したのち別日に意思を伝えることもできます。申込の際には、申込書への記入や、未成年であれば親の同意書が必要になります。出向く際には、身分証や印鑑を持参していきましょう。申込手続きが完了したら治療に入ることになりますが、ほくろ治療はカウンセリング当日に受けてしまうことも可能です。当日施術を希望する場合には、カウンセリング予約時にその旨をしっかりと伝えておくことが大切です。ホームページ内の予約フォームには、当日施術の選択欄が設けているので忘れずにチェックを入れましょう。そして初めて除去治療を受けるなら、施術内容が気になるところです。美容外科では、レーザーを照射してほくろを蒸散させる治療が主流となっています。1度のレーザー照射で除去できることも多く、数回の通院で完了できます。大きいほくろの場合は切除術で対応することになりますが、切除術も各施設で多くの症例を積んでいるため安全ですし、少ない通院で済みます。そして、料金は各施設とも比較的安く設定されており、レーザー、切除術とも金額的な負担が少なくて済みます。レーザーなら1ミリにつき1万円未満の料金設定で提供しているところもあるので、お金の心配はいりません。また、ほくろ治療に保証が付くのも一般的になっており、安心して臨むことができます。1ミリ未満であれば5千円から1万円、5ミリ未満であれば、6万円から8万円程度を想定しておけば大丈夫です。1センチを超える大きなほくろを切除する場合であっても、15万円を想定しておけば問題ないでしょう。